京都フォトログ

京都フォトログ

古都で過ごす日々の記録。季節の花や歳時を撮り歩きます。

9月の仙洞御所でリフレクションを撮ってきました

9/6(金)の京都御所サルスベリを撮ってきた続き。

remist.hatenablog.jp

 

仙洞御所の当日受付は11時からですが、

11時半に京都御苑に着いたついでに仙洞御所を予約。

 

仙洞御所の拝観受付開始時間になったので13:10に仙洞御所に移動。

ロッカーに荷物を預けて(無料)身軽になり、

13時半参観開始。

散策日記でサラっと書いているので、詳しくは

こちらを見てください。

remist.hatenablog.jp

 

f:id:ReMIST:20190908153631j:plain

受付場所は北門に変わりましたが、

参観ルートは昔と同じく連なる屋根が美しい御車寄から。

f:id:ReMIST:20190908153821j:plain

そして元大宮御所の庭園である仙洞御所北庭

気持ちの良い青空です。

紅葉で汀の曲線が見えません。

f:id:ReMIST:20190908154134j:plain

今日は案内人との相性は悪そうです(^-^;

一箇所でまとめてしゃべって、次のポイントまで一気に歩くスタイル。

阿古瀬淵や六枚橋を撮っている後方集団を気にせず先頭は既に島。

f:id:ReMIST:20190908154518j:plain

まぁ、後ろにいる皇宮警察の方に何も言われなければ、

どれだけ離れても気にしない。

f:id:ReMIST:20190908154717j:plain

鑓水から水が流れ込んでいるので、完全な鏡面にはなりませんが、

よく空が映りこむ良い天気です。

f:id:ReMIST:20190908154935j:plain

紅葉山とか無視でリフレクションばかり撮る人

f:id:ReMIST:20190908155542j:plain

帰りルートの時に人がいない状態で撮れますので。

f:id:ReMIST:20190908155606j:plain

f:id:ReMIST:20190908155238j:plain

f:id:ReMIST:20190908155441j:plain

八つ橋の藤棚前で一度全員集合。

「次の説明は醒花亭です。」

f:id:ReMIST:20190908155852j:plain

池の対岸に渡り、写真突き当たりにある茶亭前までノンストップと言う事です。

f:id:ReMIST:20190908155751j:plain

滝と紅葉橋

f:id:ReMIST:20190908160105j:plain

この辺、小堀遠州作庭の名残です。

自然石と切石をリズミカルに配置したり、

右の護岸のように直線的な辺り。

f:id:ReMIST:20190908160245j:plain

醒花亭前で合流し州浜でリフレクションを…

滝の影響も無く綺麗に映りそうでしたが、

魚が浅瀬でずっとバシャバシャと┐(´ー`)┌

f:id:ReMIST:20190908160551j:plain

茶亭「醒花亭」

 

どうやら氷室や古墳・柿本社の方は行かずに、

このまま池沿いを真っ直ぐスタート地点の又新亭まで戻るようです。

1時間ごとに参観出来るようになり忙しくなったかな?

f:id:ReMIST:20190908160732j:plain

f:id:ReMIST:20190908160755j:plain

f:id:ReMIST:20190908161038j:plain

f:id:ReMIST:20190908161108j:plain

そういえば蘇鉄山見るの忘れました…

紅葉に合わせていくと、いつもコモに巻かれているので。

木陰の灯篭の横に微妙に写っていますが(^-^;

f:id:ReMIST:20190908161605j:plain

スタート地点の船着場。

茶室「又新亭」の説明を聞き、大宮御所の御車寄で解散。

これで次の組が待合室に集まり始めていたので、

やはり前よりせわしいかな。

 

当日枠が出来て、無料で(実質)好きな時に見られるようになったので、

個人的には十分満足です。