京都フォトログ

京都フォトログ

古都で過ごす日々の記録。季節の花や歳時を撮り歩きます。

【桜】2021年の桜巡りまとめ

今年は2月に新しいカメラを買ったこともあり、

例年以上に色々試す為に桜を撮り歩きました。

 

去年の4月はコロナ流行初期であり、

どのくらい自粛すればよいかも分からず、

世間も人のいないところへの散歩でも「不要不急の外出するな」

みたいな過剰反応が見られる事もありほとんど桜を見に行きませんでした。

 

今は飲食や会話が伴わなければ大丈夫と言う感じなので、

奈良の又兵衛と嵐電桜のトンネル以外は全て

朝早く一人、自転車で行き一言もしゃべらないまま家に帰っています。

GoToEatポイントが切れそうな3/30以外は、

外食はせずにお土産を買って帰り家で食べています。

まぁ、1人で行動しているので会話しませんけど┐(´ー`)┌

 

それでは2021年桜巡りを振り返りたいと思います。

 

2/14・2/21 淀水路(河津桜「正月桜」)

f:id:ReMIST:20210411104717j:plain

f:id:ReMIST:20210411104855j:plain

水路沿いは早い場所で7分咲きだったので、

この頃までは正月桜のサクジローを撮っていました。

 

2/27・3/3 淀水路(河津桜

f:id:ReMIST:20210411105346j:plain

f:id:ReMIST:20210411105127j:plain

2/27から水路沿いも日当りの良い所から見頃になっていました。

3/2は雨が降りましたが少し散っただけで影響はありませんでした。

f:id:ReMIST:20210411111543j:plain

京阪電車で大阪方面に通勤する人に春を告げる早咲き桜です。

 

3/7 旧成徳中学校(春めき桜)-長徳寺(おかめ桜)-一条戻り橋(河津桜)-平野神社(桃桜)

f:id:ReMIST:20210411105806j:plain

5・6日が雨や曇りのち雨で動けず(自転車)晴天の7日

「卒業生を送る桜」

旧成徳中学校の「春めき桜(足柄桜)」です。

f:id:ReMIST:20210411111710j:plain

f:id:ReMIST:20210411110615j:plain

遠くからでも目立つ長徳寺の「おかめ桜」です。

隣に「寒緋桜」も咲いています。

人が多くて落ち着いて思ったように撮れなかったので、

来年は朝一の空いている時に来るか?

f:id:ReMIST:20210411111022j:plain

f:id:ReMIST:20210411111045j:plain

雑然としたところに咲いていて背景はよくありませんが、

その咲きっぷりは見事な戻り橋の「河津桜です。

堀川通りで通勤する人に春を告げる早咲き桜です。

f:id:ReMIST:20210411111908j:plain

平野神社の「桃桜」です。

寒い時期も咲いている十月桜・冬桜を除き、

平野神社で春に咲き始める桜の1番手です。

その後、河津桜・魁桜・陽光桜などが続きます。

 

3/10 法輪寺(熱海桜)-車折神社河津桜・豆桜)-清涼寺(河津桜

f:id:ReMIST:20210411112728j:plain

8・9日は曇り。

10日は曇りのち晴れで天気回復傾向の日。

丑寅年の守り本尊・虚空蔵さんの嵐山法輪寺「熱海桜」です。

大あくびしたような阿の狛寅を見ると春を感じます。

f:id:ReMIST:20210411115511j:plain

車折神社の「河津桜です。

車折神社は御祭神・清原頼業公が桜を好んだ事から沢山の桜が植えられ、

かつては「桜ノ宮」とも呼ばれていました。

約15品種咲くようです。

f:id:ReMIST:20210411120309j:plain

芸能神社前の「豆桜」(?)

雑誌では無難に中門前のヤマザクラとされていたりしますね。

f:id:ReMIST:20210411121252j:plain

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の「河津桜です。

多宝塔の北側に何本か咲きます。

 

この日行った3箇所は梅も咲きますので、

梅巡りも同時に楽しめます。

 

3/11 随心院-宇治(春めき桜)

f:id:ReMIST:20210411121902j:plain

今年、随心院の梅園は無料で解放されていました。

梅目当てで行き、早咲きの桜は期待せずに出かけましたが、

塔頭に満開の桜が咲いていました。

f:id:ReMIST:20210411122916j:plain

宇治側沿いの宇治公園(よりみち公園)の「春めき桜」です。

宇治市観光センターの近くにあります。

f:id:ReMIST:20210411125016j:plain

宇治川の中の島には約350本の桜がありましたが、

護岸工事で何も言わずに99本伐採され、

計画では54本しか残らないという何も考えていない計画でした。

批判を受けて伐採せずに済む桜が160本増えたと言う事は、

最初から丁寧にやっていれば…

どうなる?京都・宇治公園の桜 国交省が160本以上残せる案を提示(1/2ページ) - 産経WEST

 

その後植樹された細い木が植えてありますが、

生きている間に前の景色を見ることは無さそうです(´・ω・`)

伐採されずに残った枝垂桜も工事以降元気が無さそうで、なんだかなぁ~

と、言う事をこの光景で思い出しました。

 

3/14 東寺(河津桜)-六孫王神社(寒緋桜)-梅小路公園(大山桜)-京都御苑(出水・近衛邸跡の糸桜)-三条大橋河津桜

f:id:ReMIST:20210411132337j:plain

12日曇りのち雨、13日雨で自転車出動できず(^-^;

 

東寺鐘楼横の「河津桜です。

有料エリアの三重塔付近にも河津桜は咲きますが、

あちらの方が少し咲くのが早いです。

f:id:ReMIST:20210411132828j:plain

六孫王神社の「寒緋桜」です。

ソメイヨシノの時期に燈籠が灯る時間が人気あります。

再訪する予定でしたが、各所の桜が一気に咲いた為行けませんでした。

藤・牡丹・ツツジなど春の花も色々咲きます。

ここの藤は早咲きで現在既に満開です。

f:id:ReMIST:20210411133418j:plain

梅小路公園の「大山桜」です。

4月中旬に咲くはずが3月中旬に満開になりました。

この頃から見に行く予定の桜から取捨選択を迫られました。

自転車移動の為、一日に回れる範囲が限られているので。

f:id:ReMIST:20210411134442j:plain

京都御苑「出水の糸桜」です。

この辺も例年より10日以上早いので、

例年の早咲き枝垂れ巡回コースが狂いました。

f:id:ReMIST:20210411134734j:plain

京都御苑「近衛邸跡の糸桜」です。

台風で折れた方の小さい桜まで咲いています。

ここまで来るとすぐ近くなので対のように行く、

本満寺の早咲き枝垂桜はまだ咲いていません。

f:id:ReMIST:20210411135119j:plain

三条大橋の「河津桜です。

三条大橋は来年以降補修工事に入るようなので、

今の風合いのうちに今年絶対に見ておきたかった桜です。

 

淀水路や戻り橋と同じく1週間以上前に満開でしたが、

どうにか1本残っているうちに来る事が出来ました。

三条・鴨川近辺を生活圏とする方に春を告げる桜です。

 

3/17 清水三年坂(枝垂桜)-祇園白川(枝垂桜)-京都御苑(出水・近衛邸跡の糸桜)-上品蓮台寺(枝垂桜)-平野神社(魁桜)

f:id:ReMIST:20210411140057j:plain

15日は晴れですが単に行くところがなかった?

16日は曇り一時雨

翌日早朝に出るつもりで疲労回復に努めていた日。

 

三年坂の「枝垂れ桜」が見頃になったということで、

朝早くに家を出て夜明け時間に現地へ。

剪定されボリュームが少ないようですが、

とりあえず無人で撮れたので満足。

f:id:ReMIST:20210411142433j:plain

早朝の静かな清水界隈はどこも風情があり、

寄り道の誘惑が強くて困ります(^-^;

桜が終わればいつでも撮れるので次へ。

f:id:ReMIST:20210411142658j:plain

祇園白川の「早咲き枝垂桜」

単に車が来ない道を通り抜けるつもりでしたが、

思ったより咲いていたので自転車を止めて撮影。

f:id:ReMIST:20210411143226j:plain

京都御苑「出水の糸桜」です。

朝の7時過ぎですが先客が囲っていました。

全体の咲き具合は前回撮ったので、朝の柔らかな光や朝日の光芒写真を練習。

f:id:ReMIST:20210411144819j:plain

こちらも前回来たばかりの「近衛邸跡の糸桜」

日中に来た前回より人も少なく光も柔らかいので、

前回撮らなかった角度などで撮影。

今回もまだ本満寺が見頃とは情報が入っていないので寄らず。

f:id:ReMIST:20210411145358j:plain

上品蓮台寺「枝垂桜」

境内には数本の枝垂れ桜が咲きますが見頃なのはこの1本。

f:id:ReMIST:20210411145429j:plain

むしろ、この日は満開のスモモを見に来ました。

桜メインで再訪予定でしたが来る事が出来ませんでした。

f:id:ReMIST:20210411145638j:plain

平野神社の「魁桜(さきがけざくら)」

春を告げる桜は各所にありますが、

京都市内に桜の季節到来を告げる桜として古来より注目されているのが、

平野神社神門横の「魁桜」

 

今みたいに早咲きの園芸品種がない時代から

早咲きの枝垂桜として知られた平野神社独自の固体です。

「魁桜」という品種ではありません。

 

3/18 長建寺(糸桜)-伏見桃山城(ヤマザクラ

f:id:ReMIST:20210411192207j:plain

伏見に春を告げる長建寺の「糸桜」です。

境内には陽光桜も咲いていました。

f:id:ReMIST:20210411192652j:plain

ソメイヨシノの開花状況を見に来た伏見桃山城の「ヤマザクラです。

他には寒緋桜も咲いていました。

f:id:ReMIST:20210411193035j:plain

木蓮や椿なども咲きますが、

この日一番良い位置に咲いていたのは馬酔木でした。

3/19 嵐山(ヤマザクラ)-車折神社(渓仙桜・陽光桜)

f:id:ReMIST:20210411193219j:plain

サイクリングロードで嵐山へ。

山肌が春色に染まって来ていました。

f:id:ReMIST:20210411193540j:plain

車折神社を代表する桜「渓仙桜」です。

画家の冨田渓仙が寄贈した桜であり、品種名ではありません。

参道を覆うように優美に咲きます。

f:id:ReMIST:20210411194100j:plain

車折神社の「陽光桜」です。

車折神社はどの桜も玉垣の朱が映える良い位置に咲いていますね。

 

3/20 十輪寺(業平桜)-正法寺(紅枝垂れ桜)

f:id:ReMIST:20210411194700j:plain

在原業平ゆかりの寺、十輪寺の「業平桜」です。

”世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし”を詠んだ方。

 

樹齢200年の枝垂桜は、

お堂と廊下に囲まれた中庭を覆うように咲く「天蓋の桜」とも称されます。

f:id:ReMIST:20210411195532j:plain

大原野正法寺に咲く「枝垂れ桜」です。

庭園にも枝垂れ桜が2本ありますが、全然咲いていませんでした。

 

向かいの大原野神社の遅咲き「千眼桜」も様子を見に行きましたが、

まだ一輪も咲いておらずホッとしました。

午後から天気が崩れるのでちょっと回ってすぐ帰宅。

 

3/22 鴨川七条(枝垂れ桜)-清水寺ソメイヨシノ)-清水界隈(枝垂桜)-建仁寺(枝垂桜)

f:id:ReMIST:20210411200745j:plain

21日は一日中雨で22日も午前中は軽く小雨が降ったりしました。

 

免許の更新で京都駅前に行った帰りです。

鴨川の七条-五条間の「枝垂れ桜」を見ながら北上しました。

f:id:ReMIST:20210411201154j:plain

茶碗坂正面の清水寺の「ソメイヨシノです。

意識した事はありませんでしたが、

ソメイヨシノにしては早咲きですね。

f:id:ReMIST:20210411201513j:plain

三年坂の「枝垂れ桜」です。

3/17の早朝にも来ましたが、まだ見頃を保っていました。

f:id:ReMIST:20210411201733j:plain

八坂通りの「紅枝垂れ桜」です。

『都名所図会』で説明される「八坂」は

祇園坂、長楽寺坂、下河原坂、法観寺坂、霊山坂、山ノ井坂、三年坂(産寧坂)、清水坂”です。

それで言えばこの坂道の名は「法観寺坂」のようですね。

f:id:ReMIST:20210411203702j:plain

その法観寺坂を真っ直ぐ西へ下っていくと建仁寺前に出ます。

建仁寺浴室の「紅枝垂れ桜」

建仁寺境内も意外とソメイヨシノが多くこれから華やかになります。

 

3/23 背割堤(ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411204253j:plain

見頃では無いのは分かっていましたが、

背割堤に様子見に行きました。

むしろ、思った以上に咲いていて”えぇー?”という感じでした。

人が少ないので満開時より好きに撮影出来ています。

f:id:ReMIST:20210411204304j:plain

21日の雨で水溜りが出来ていたのでリフレクション撮影。

満開になったらまたやろうと思っていましたが、

満開の頃に水溜りが出来る雨は降りませんでした…

f:id:ReMIST:20210411205020j:plain

この日が「さくらであい館展望塔」の最終日でした。

去年に続きコロナ対策の為、見頃前に閉鎖(´・ω・`)

 

3/24 インクラインソメイヨシノ)-南禅寺ソメイヨシノ)-本満寺(枝垂桜)-水火天満宮(紅枝垂れ桜)-妙覚寺(枝垂桜)-本法寺ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411205513j:plain

13年強使っていた一昔前のカメラが変わり、

暗所撮影能力が上がったので試したかった早朝撮影。

4時過ぎに家を出て5時頃の蹴上インクラインへ。

先客7名。

ここ24時間人いるんとちゃうけ?と言いたくなる(^-^;

対面で腰をすえて撮影された為、この時間でも無人撮影出来ず(´・ω・`)

f:id:ReMIST:20210411210024j:plain

6:20にはインクラインの人が増え始めたのでお隣の南禅寺へ。

誰もおらず好きに撮影出来るのっていいわー。

今年の南禅寺はこの日の撮影で満足!

f:id:ReMIST:20210411211634j:plain

本満寺の「枝垂れ桜」へ。

例年なら京都御苑の糸桜も含めて早咲き枝垂れ桜を回りますが、

今年は既に糸桜がピーク過ぎ。

 

それはさておき、何故か”今年も満開の姿を見られて良かった”と思いました。

綺麗な良い形をしています。

f:id:ReMIST:20210411213525j:plain

水火天満宮の「紅枝垂れ桜」です。

先客は1名でしたが、ずっと三脚を据えて動かないので、

動きが取り辛く不完全燃焼のまま撤退。

今年は枝上げしてボリューム感が薄れていました。

f:id:ReMIST:20210411214002j:plain

妙覚寺門前の「枝垂れ桜」です。

水火天満宮とセットで来ているのでまだ見頃前です。

定番構図以外に何か撮り方は無いのだろうか?

 

右上に伸びる枝が無くなって残念。

f:id:ReMIST:20210411214809j:plain

本法寺の「ソメイヨシノ

早咲き枝垂れの水火天満宮とセットで見に来て、

ソメイヨシノがコレだけ咲いているのが驚きでした。

満開を見た気分になって再訪せず終了(^-^;

(全然満開ではありません)

 

3/26 又兵衛桜-北向き地蔵の桜-天益寺(枝垂れ桜)-唐古・鍵遺跡(ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411220956j:plain

25日は雨。

予定では26日は京田辺の観音寺まで自転車で菜の花+桜を見に行くつもりでした。

あと、お気に入りの一つ井手町の地蔵禅院。

 

4月に予定していた又兵衛桜が見頃になったと言うことで、

予定変更で一度行きたかった奈良県宇陀市又兵衛桜へ。

f:id:ReMIST:20210411221215j:plain

2年連続の大型台風で京都中の桜がバキバキに枝が折れたり倒木してから、

見たいモノは行ける時に見に行くようにしています。

(熊本城や首里城の件も含む)

石垣の上に堂々とした良い桜でした。

f:id:ReMIST:20210411222250j:plain

「北向き地蔵の桜」

開花し始め程度ですが、

又兵衛に合わせて来る限り見頃に出会うことは無いのだろうか?(^-^;

googleの画像検索で出てくる見頃の写真は、

農道角地で向こうに石垣の上に木造民家(農家?)があり、

日本昔話的な古き良き日本の風景です。

でも、往復6時間かかるからコレだけの為にはなかなか来られへんねん(´・ω・`)

f:id:ReMIST:20210411223228j:plain

天益寺の「枝垂桜」

樹齢約350年という枝垂桜ですが、近くで見ると繊細な細かい花で

写真に撮ってもパッとしないので、

遠くから眺める方が大きさを感じられる気がしました。

満開かどうかも分かりません。

f:id:ReMIST:20210411223736j:plain

唐古・鍵遺跡の「ソメイヨシノ

夕景に浮かぶシルエットで撮影したい場所ですが、

まだ桜が見頃前の寂しい状態だったので日暮れを待たずに帰宅しました。

ソメイヨシノなので、まだ見頃なんて期待してはいませんでしたが残念。

 

3/27 山科疏水(ソメイヨシノ)-伏見桃山城(ソメイヨシノ)-伏見十石舟(ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411224653j:plain

カメラ新調したので今年はココに行くぞと決めていた場所の一つ

山科疏水の「ソメイヨシノ+菜の花」

前に写真を撮った頃にはなかった琵琶湖疏水船も加わり、

良いアクセントになりました。

f:id:ReMIST:20210411225139j:plain

同じく去年から行くぞと決めていた場所、伏見桃山城の「ソメイヨシノ・紅枝垂れ桜」

キャッスルランド体験世代なので、キャッスルランドと言いたくなります。

模造天守ですが城と桜はよく合いますね!

f:id:ReMIST:20210411225937j:plain

伏見濠川の「ソメイヨシノです。

コロナで出番が無いせいかブルーシートを掛けたままの十石舟。

シートがなければ丁度良い頃に行けていたのに。

後日再訪予定でしたが、”どうせシート被っているしいいか”と今年は見送りました。

 

3/29 東一口桜並木(ソメイヨシノ)-背割堤(ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411230504j:plain

28日は雨

このあと30・31日も出かけ

見事に雨なら行かない、晴れたら自転車で出かける一ヶ月でした。

 

車は仕事でも乗っていますが無事故無違反のずっとゴールドですし、

GSのバイトをしていたので、左ハンドルMTでもランクルサイズでも、

洗車機通したり、車検後届けに行ったり運転はできますよ?

 

東一口の桜並木ですが、

車で行くと停める所が無いので地元以外の人が来そうに無い所です。

朝日や夕日と撮るのには良さそうな所ですが、

撮影目線で見ると面白味が無い(^-^;

下に降りてゆっくり散策すれば意見も変わるかもしれません。

f:id:ReMIST:20210411232235j:plain

背割堤の「ソメイヨシノです。

前日に雨が降っていたので水溜りを探しに来ましたが、

ありませんでした。

 

ここに来たメインの目的がソレだったので、

3/23にちょろっと下見に来た時の方が、

良い写真を撮っている気が(^-^;

f:id:ReMIST:20210411233049j:plain

台風では甚大な被害を受け、

去年はコロナでピークに来られず、

綺麗に咲いてくれた事には感謝しつつも、

20年通っていると流石にちょっと適当。

まぁ、のんびり出来る一番好きな場所ですが。

 

3/30 祇園白川-円山公園祇園枝垂れ桜)-知恩院-岡崎疏水-金戒光明寺-真如堂-宗忠神社-竹中稲荷神社-哲学の道(全部ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210411234016j:plain

祇園白川の「ソメイヨシノです。

前に暗闇の中通った時はスルーしましたが、

今回は…日の出が早くて既に明るいや。

壁の反射や覆うような咲きっぷりが良いです。

f:id:ReMIST:20210411234300j:plain

巽橋です。

こうして見ると流石に人気スポットだけありフォトジェニックです。

フォトジェニックは本来人に対して使う様なので、

今で言うならインスタジェニックです。

禁止看板が無粋で残念です…

f:id:ReMIST:20210411235139j:plain

円山公園の「祇園枝垂れ桜」です。

2年連続でライトアップも中止され、近年一番の咲きっぷりです。

 

とはいえ、数年前には瀕死の状態で、

”このまま枯れるかも知れない”という位でした。

枝を大胆に切り落とし、負担を軽くすると共に花をつけない事により

エネルギー消費も抑える養生状態です。

f:id:ReMIST:20210412000714j:plain

'98.4.4の円山公園祇園枝垂れ桜です。

周りにボリューム感を演出するような小さい枝垂れ桜など必要なく、

祇園枝垂れだけで柵ギリギリまで伸び伸びと枝を伸ばし、

十数本の支えが必要なくらい全体的にもう一回り大きかったです。

f:id:ReMIST:20210412001725j:plain

朝日を浴びる円山公園内の桜達です。

早朝は静かでいいですね。

昔は芝生一面シートを敷いて花見の宴会をする人ばかりで、

桜の頃は円山公園に近づきたくすらありませんでした(^-^;

f:id:ReMIST:20210412001319j:plain

知恩院三門前の「ソメイヨシノです。

石段の桜まで満開で朝日が射し、荘厳な雰囲気でした。

f:id:ReMIST:20210412001523j:plain

岡崎疏水の「ソメイヨシノ

今年こそどこかで舟に乗ろうと思っていましたが、

写真撮り歩いて終わりました。

コロナ前は朝一で並んで夕方の乗船券になったとか聞き、

乗る気失せました。

f:id:ReMIST:20210412002741j:plain

金戒光明寺の「ソメイヨシノです。

お坊さんがいて変わった写真は撮れましたが、

当初考えていた石段下から上向きの写真などは撮れませんでした。

f:id:ReMIST:20210412003112j:plain

邪魔にならないようにササッと上に行きましたが、

あれは何の撮影だったのだろう?

f:id:ReMIST:20210412003325j:plain

真正極楽寺真如堂)の「ソメイヨシノです。

桜、少なそうに見えますが右奥にもっと咲きます。

三重塔横にも枝垂桜がありますが、

去年の三重塔の補修工事の際に邪魔な部分を剪定してボリュームが無くなったとの噂。

f:id:ReMIST:20210412003852j:plain

宗忠神社の「ソメイヨシノです。

石段を覆うような桜ですが、ここを登る途中で振り返ると、

真如堂のお堂が桜に浮かぶように見えます。

今年は人がいて良い感じに撮れませんでした。

f:id:ReMIST:20210412004254j:plain

吉田神社末社竹中稲荷神社の「ソメイヨシノです。

10年前はネットで知られていても、

まだ今ほど人は来なかったように思うので、

どこもかしこも撮影会場になったのはインスタ映えからでしょうか?

f:id:ReMIST:20210412005239j:plain

哲学の道の「ソメイヨシノです。

疏水に映り込み上も下も満開です。

更に一週間もすれば映り込みではなく花筏で満開になります。

f:id:ReMIST:20210412005847j:plain

インクラインの「ソメイヨシノです。

線路上からばかりで橋の上から撮っていなかったので軽く撮影。

今年、早朝撮影には来たものの、

満開の状態を見たのココからだけです。

 

3/31 大原野神社(千眼桜)-長岡天満宮ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210408225146j:plain

大原野神社の「千眼桜」です。

満開の期間は3日程しかない幻の桜とも言われます。

盆栽のような樹形で見る角度によって印象は変わりますが、

個人的に好きなのはこの方向からです。

枝がなくなりましたがその空間もまた魅力かと。

f:id:ReMIST:20210408230859j:plain

長岡天満宮八条ヶ池の桜並木です。

ため池の堰堤扱いで中央の参道は中堤、

錦水亭側を南堤、こちらを北堤とも言います。

 

参道の霧島ツツジは樹齢約170年で日本随一とも言われています。

1852年の御神忌950年の頃に植栽されたと言われています。

今年は早いのでもうすぐ見頃です。

むしろ、池周辺の早くに開花したところは白くなってきています。

f:id:ReMIST:20210408232422j:plain

長岡天満宮は紅葉や桜の見頃の間は大体ライトアップしています。

コロナ対応で今年は一方通行でした。

 

4/3 嵐電桜のトンネル(ソメイヨシノ)-双ヶ丘仁和寺眺望(御室桜)-勝龍寺城公園ライトアップ(ソメイヨシノ

f:id:ReMIST:20210410224715j:plain

嵐電宇多野-鳴滝間の桜のトンネルです。

4/3なのに既に葉桜です。

鬼滅の刃』コラボ電車が走っており、土曜日という事もあって

鬼滅目当てと思われる層が多かったです。

f:id:ReMIST:20210410230756j:plain

双ヶ丘からの仁和寺眺望です。

仁王門の所に開花状況の看板が出ていますが、

御室桜「満開」になっています。

4月頭に御室桜が満開なんてと京都市民中心に戸惑い気味。

この日はゆっくり入る時間が無かったので様子を見ただけで帰宅。

f:id:ReMIST:20210412021206j:plain

夜、勝龍寺城公園ライトアップに行きました。

平日は外のみ、週末は城内も入れるのですが、

マスクを忘れたため中に入るのをやめました(^-^;

f:id:ReMIST:20210412022239j:plain

自転車漕いでいて風が気持ちよくて快適だと思ったらマスク無かったのか。

普段ならカバンに予備のマスクを入れていますが、

丁度日中使ったばかりでした┐(´ー`)┌

f:id:ReMIST:20210412022308j:plain

外で1人黙って撮影して帰る。

(そもそも回りに誰もいません)

 

4/5 仁和寺(御室桜)

f:id:ReMIST:20210410231926j:plain

仁和寺の「御室桜」です。

4/4は雨で出かけず5日の朝一で仁和寺

後になるほど天気は回復傾向という事でしたが、

既に晴れています。

御室桜越しの五重塔を見ると「鬼平犯科帳ED」を思い出します。

 

仁和寺の後、嵐山に移動しましたがその辺の桜は大体散っていて、

特に撮りたい桜がありませんでした。

天龍寺とか行けばあったのでしょうけど、どうせ入るなら見頃の時が良いので)

色々撮って回りましたが、

今年は十輪寺仁和寺しか有料のところに行きませんでした。

又兵衛桜に行くのにその分使いましたけど。

 

最後まで見てくださった方、ありがとうございました。

8300文字オーバーですってよ。

この異常な早咲きの年の記録が何かの参考になれば幸いです。