京都フォトログ

古都で過ごす日々の記録。季節の花や歳時を撮り歩きます。

庭園2 天龍寺曹源池庭園 嵐山の雄大な借景庭園

西芳寺庭園に続き、夢窓疎石天龍寺曹源池庭園を紹介します。

 

霊亀山 天龍寺(れいきざん てんりゅうじ)

京都五山第一位の天龍寺後醍醐天皇の菩提を弔う為に、

足利尊氏を開基・夢窓疎石を開山として1339年に創建されました。

小倉山の別称の亀山に由来し、

正式名称は「天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ」と言います。

寺は世界文化遺産に登録され、庭園は特別名勝です。

天龍寺 曹源池庭園

天龍寺十境といい周辺の渡月橋や嵐山・亀山なども含めて天龍寺の庭とする、

雄大な借景庭園となっています。

亀山には後醍醐天皇が埋葬されており、これもまた菩提を弔うためだと思われます。 

 

南北朝時代後醍醐天皇奈良県吉野に追いやられた事から、

吉野の桜を移植し後醍醐天皇の霊を慰めています。

 

天龍寺十境 

普明閣(山門の雅称)・絶唱渓(大堰川)・霊庇廟(鎮守八幡宮/後醍醐天皇の廟)

曹源池(庭園)・拈華嶺(嵐山)・渡月橋

三級巖(音無瀬の滝)・万松洞(門前の松並木)

龍門亭(音無瀬の滝を望む茶席)・亀頂塔(亀山の頂にある塔)

 

池の整備時に「曹源一滴」と記した石碑が出て来た事から、

曹源池庭園と名付けられました。

 

f:id:ReMIST:20190617001054j:plain

f:id:ReMIST:20190617001216j:plain

南の嵐山や西の亀山を借景とした借景式庭園であり、

池泉回遊式庭園でもあります。

 

f:id:ReMIST:20190617001515j:plain

天龍寺庭園の評価が高いのは日本庭園屈指の滝石組にあります。

が、暗くて遠いので肉眼ではよく見えないかと思います。

 

f:id:ReMIST:20190618065016j:plain

一番上の石を遠山石とし、「蓬莱山」を表しています。

その下の表面が平らっぽい石3つが「水落石」で「三段の滝」になり、

滝の上段に「鯉魚石」がいる、

西芳寺と同じ形の「龍門瀑」となっています。

 

remist.hatenablog.jp

  

その手前に平らな石三枚の石橋があり、

現在過去未来の三世を表すそうです。

池には池中立石の島があり三尊石となっています。

 

周辺に点々とあるのは夜泊石。

f:id:ReMIST:20190617002105j:plain

しっかりした護岸の出島

 

天龍寺曹源池庭園の四季 春

f:id:ReMIST:20190618060108j:plain

f:id:ReMIST:20190618060139j:plain

f:id:ReMIST:20190618060158j:plain

 

f:id:ReMIST:20190618060217j:plain

 

ここからは昭和58年に作られた百花苑(春)

春は桜・石楠花・ミツバツツジ・雪柳・椿など

f:id:ReMIST:20190618060540j:plain

f:id:ReMIST:20190618060602j:plain

f:id:ReMIST:20190618060621j:plain

 

天龍寺曹源池庭園の四季 秋

f:id:ReMIST:20190617001713j:plain

f:id:ReMIST:20190617001731j:plain

 

f:id:ReMIST:20190617001930j:plain

f:id:ReMIST:20190617002344j:plain

f:id:ReMIST:20190617002310j:plain

f:id:ReMIST:20190617002329j:plain

西の端は断層崖になっており、その上も散策ルートなので上からの眺めもいいです。

 

天龍寺曹源池庭園の四季 冬(雪景色)

f:id:ReMIST:20190618061801j:plain

f:id:ReMIST:20190618061903j:plain

f:id:ReMIST:20190618061921j:plain

百花苑(雪景色)

山茶花くらい?

時期的に梅が咲いているけど、手持ち写真では確認できず。

f:id:ReMIST:20190618062421j:plain

f:id:ReMIST:20190618062016j:plain

f:id:ReMIST:20190618062204j:plain

f:id:ReMIST:20190618062227j:plain

色々構図が同じなのは比較の為、ワザとです。

 

拝観情報

公式サイト:

世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ

参拝時間:8時30分~17時30分(北門は9時開門・17時閉門)

参拝料:庭園(曹源池・百花苑)

    高校生以上:500円

    小・中学生:300円

    未就学児 :無料

    諸堂(大方丈・書院・多宝殿)

    庭園参拝料+300円

アクセス:京福電鉄嵐山線嵐電)「嵐山」駅下車前

     JR嵯峨野線阪急電車最寄り駅下車徒歩15分程度

駐車場(100台):乗用車1回1000円